料理献立が作れない!家事苦手なんとかなる道しるべ

毎日の料理献立に悩む主婦は多くいる。料理好きや料理の仕事をしてる
人にとっては楽しい時間かもしれないけど、結婚しても料理や家事が
苦手で、苦痛すら覚える人も多い。

かつての私もそうだった。
子どもが出来てからの結婚だったし、
20代で料理教室行くお金も暇もなく、料理の腕は…
母が帰りが遅い時にカレーを作る程度。

でも美味しいものは、しっかり食べたいというわがままっぷり。

そんな私も怒濤の子育てをしながらなんとか毎日
料理献立を考え作り、食べてきたから今日も生きています。

主婦やオカンが料理を作るのは、インスタにあげるため?
ママ友に自慢するため? いいえ、明日も生きるためでしょう?

お母さんやお父さんが元気で動いて笑って、泣いて
経済をまわし、子どもが走って汗かいて学んで生きるため。

主婦12年目でたどりついた料理献立

献立と聞いて、給食を思い浮かべます。以前は
食卓に何品も作るのがすごいお母さんで、すごい主婦だと
思っていて、細かく色々頑張りすぎてつくったのに…、娘が
離乳食で食べずイライラ…。

離乳食って練習だから食べない事もあるのよって
誰かに言われて、わかっていてもつらかったね。

でも試行錯誤して食べられるものから少し増やしたり、
昨日食べたけど、翌日また食べなかったり、繰り返したら
色々食べられるようになってたよ。

12年後にたどりついた献立のパターンはこう

主食と2品のみ
2品にタンパク質と野菜を種類を多く入れる

これが一番しっくりきている。我が家は3人家族。好みが
割と似ているので作りやすいのかも。ご飯とおかず2品。
定食や給食スタイルが決めやすい。

あれもこれも、ではなく、おかず2品に野菜とタンパク質の
種類を多くいれれば、それでいい。メインおかずに主人や子どもの
リクエストをちょこちょこはさめば喜んでくれる。

旬の食材を多く使う為には、メニューを決めて買い物に
行かない事。自分でメニューを決めてから買い物に行くと、
旬の食材を使わない事が多いので、金額も高くなり、
余計な材料もいるので、効率がわるい。

スーパーに並んでいる安くなっている食材は
旬だから安かったりするので、安い食材を選んでから
買った材料で献立を決める。メインとサブだけを決めれば
良いので、とっても楽。

旬の食材を知るには、

ずいぶんお世話になっている、
NHKさんの『お料理ビギナーズ』だ。

もうビギナーズじゃないけど、お料理ビギナーズを見て
旬の食材や調理の仕方を日々学べる。

あれは料理初心者や苦手な方向けの番組ではあるけど、
しっかり旬の食材がわかるし、下ごしらえの方法や、調理や保存の方法も
教えてくれる場合もあるので、主婦歴10数年でもついつい見てしまうし、
勉強になる。

今では笑い話の、料理の失敗の数々!

あじの開きをまた開いてパン粉焼き

あじの開きをさらに開いて調理したのは、私だけではないだろうか?
あじの開きを食べた事はあるけど、自分で焼いて食べた事がなかった…。
主人がもらってきたあじの開きをそのままグリルで焼くだけで
美味しいのに…

スポンサードリンク

なぜか創造だけで、おしゃれな料理にしようと考えた私は、
あじの開きの、せいごとか、まだ身がついている頭とか骨を
包丁でとってしまい、身がちょろっとしかついてない残骸に
パン粉とパセリをふりかけて、ハーブソルトをかけて
レンジで加熱する…という謎の料理ができあがった。

しょっぱいだけのパン粉の固まりがおかずには
ならなかったのは言うまでもない。

あじの開きは、グリルで焼けばおいしいよ!

カレーにチョコ、ソース、コーヒーでも隠していない!

家庭のカレーを作る時に、隠し味というのが色々と存在する。
料理アプリで検索すれば色々と出てくるけど…

使いすぎると隠れていないひどいカレーになってしまう。

チョコ→甘すぎて主人が食べられない
分量の加減次第で本当に隠し味になっていて、
美味しくつくれるのかもしれないけど…

私にとって一番美味しくつくれる方法というのは…

【カレーに書いてるパッケージ通りに作る】

が結論である。あれ、本当にパッケージ通りにつくったことある?
時間も火加減も。私もちゃんと作ってるつもりだったけど、
感覚で10分煮ていたり、弱火にしてなかったり、
【パッケージ通りに作る】になっていなかった。

一度キッチンタイマーを使って図って調理してみると
【パッケージ通りに作る】のがいかに正しいかがわかる。
アレンジするならば、カレーのトッピングを変えれば安全。

旬の野菜を3mmスライスして焼いたもの 【蓮根、にんじん、かぼちゃ】
などを添えるだけで豪華カレー。(隠し味ではなく正しい日本の家庭のカレー味)

クックパッドの分量が全て 適量 でパニック!

今でもよくある料理アプリでの失敗。料理献立が苦手な人の
頼みの綱である、クックパッドさん。もちろんとても役に立つし、
主婦の必須アイテムだけど、中には苦手な人にはパニックになる場合も。

あるレシピを探して、作ろうと材料と分量をみてみたところ…

5つの材料 全部     適量…。

これでは作れない…。適量って?なに〜?少々なのか、大さじ1なのか、
自分で実験しながら作ってね!ってことなの????と レシピというよりも
実験や研究だった。

人気料理家の本を買っても、1回作って終わり

テレビ番組に出てくる芸能人が書いた料理本。
試しに楽天ブックスで買ってみるも、8割は1回つくってみて終わり。

美味しいけど、特別すぎて作らなかったりする。

何度も作る料理本は2割くらいあるけど、やっぱり
そういうレシピは、自宅にいつもある醤油やみりん、ポン酢の
配合によって作れる家庭料理が多い。

例えば…

栗原はるみさんの揚げ鶏のネギソース

とか。30回くらいは作っている。色々食べてみても、
やっぱりふと頭に浮かんで作ってしまうレシピが本当に
美味しいレシピだと思う。

本当に美味しいものはインスタになんか載せない。(そもそもやってない!)
載せる前に胃袋に入ってしまうので。

さてさて、今日も、主食と2品のみ。
2品にタンパク質と野菜を種類を多く入れる献立で作る。

それでも疲れた時、

パートを始めた私はたまには、献立を考えたくない日もあり、
でも家で食べたい!と思う日はオイシックスさんに献立をお願いする。


本当に助かっていて、自分の脳みそにはない選択肢を美味しいカタチで
提供してくれるので、2ヶ月に一度でもキットを使ってみるといい。

     
今週のお試しキットの内容を見てみる
>>【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】
 
「献立つらないと!」というストレスを
一気に開放してくれるので、リフレッシュにもなる。そして美味しい。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする