スイミング熊本市中央区でルネサンス熊本南の体験レポート!

我が子は活発なので、幼稚園での活動だけでは、体力が有り余り、
年中さんからお友達紹介で、スイミングスクールは熊本市中央区の
ルネサンス熊本南さんへ通いましたよ!

子どもの習い事として多く選ばれています。体力もつくし、同級生の子は
ぜんそくだったのに、だいぶ改善したそうですよ。私も子どもの頃、実は水が
大嫌いで、お風呂で顔を洗うのさえ怖がっていたので、見かねた母親が
スイミングスクールに通わせた途端あっという間に、プール好きになりました。

熊本市の中央区でスイミングを探しているオカンに役立てれば
いいかなと思い、実際に年中から小学5年生まで7年間通わせていたので、
体験レポートを書いておきますね。

他にも中央区周辺にはスイミングスクールがあるので、比較されてもいいと思います。
お子さんにあったスクールで楽しく成長して欲しいですね。

スイミングスクール熊本市中央区

ルネサンス 熊本南 ジュニアスクール(スイミング)
エンジョイスイミング」がモットー

〒860-0812
熊本県 熊本市中央区南熊本1-9-25
Actyくまもと 3〜5F

最寄り駅  南熊本駅

現在は、1Fにドンキホーテが入っているビルです。
周辺では一番大きなビルなので、すぐにわかります。
綺麗で清潔な印象ですよ。駐車場は共同の立体駐車場です。
送り迎えの場合でも3時間無料。

スイミングスクールの他に、テニススクール、空手スクール、ゴルフスクール、
体育教室、スポーツクラブ、フィットネススクールがありますよ。
生後6ヶ月からの親子ベビースクールもあり。
体験レッスンは無料ではなく、1回540円です。

ちょっと微妙だった点

  • コーチの入れ替わりが多い時もある(異動もあるため子どもが慣れない時もある)
  • 更衣室のセキュリティが甘かった(現在はしっかり改良されています
  • 靴箱がオープン棚なで、同じデザインの靴(瞬足やクロックスなど)は間違えて子どもが履いて帰る可能性有り(目立つ部分に名前を!
  • 送り迎えの際に、時間帯によっては駐車場がかなり渋滞します。夕方は特に渋滞するので塾など、後に予定がある場合は時間に余裕が必要。 

とても良かった点

  • 風邪をひきにくくなった
  • 幼稚園と学校以外の友達 自分で着替えたりカードを出しだり、自立心がつく

  • 衛生管理が徹底しているし綺麗なビルなので、快適に泳げる

  • 学校のプール授業に自信が持てる

  • ルネサンス会員だけのイベントがある (クリスマス会、バスでスケート場へ行く、餅つき大会などなど)
  • コーチが親しみやすく明るい印象(ママさんコーチも多い)
  • コーチに相談しやすかった

これから通う方へ6つのアドバイス

1.上にも書いていますが、靴の履き間違えは多い印象です。 目立つところに、しっかり名前を書いておくのが鉄則。

スポンサードリンク

2.髪の長い子多い子(特に女の子)は専用の乾燥機でも時間がかかります。 だいたい乾かしておいて、車ならタオルキャップを被せて後は家に 帰ってから乾かすか、すぐにお風呂に入らないと風邪をひきます。

3.車で送迎の場合、泳いだ後はお腹すいた〜と必ずぐずります。 のども乾くし、お水や個包装のお菓子、バナナなど軽食を 持参した方がいいです。自宅まで持ちません。 我が家の場合はヤクルトとビスコだったな〜笑

4.見学のギャラリーは、静かに待つ方、永遠としゃべり続けるママ達、 兄弟の赤ちゃんが遊んだり、仕事の書類や手帳をつける方、様々な方が 同じスペースで同じ時間を過ごします。食べ物は禁止、飲み物はOK。 途中でドンキホーテへ買い物も大丈夫です。
小さい子が遊んだりしてうるさい事もありますが多少は仕方ない と思いますので、静かに我が子を見守りたい方は、イヤホンは必須ですね。 スマホにつければ音楽聞けますし。動画も見られます。 でも、見学中にコーチから連絡や相談がある場合もありますので、臨機応変に対応してくださいね。

5.お友達紹介システムを是非利用してください。どなたかいませんか? 水着やバッグなどが無料になってお得でしたよ。

6.慣れないうちは、スクール開始→終了→着替え→髪乾かす→帰宅 までは2時間くらい普通にかかりますよね。その後に夕飯の買い物して 夕飯…となると働く母ちゃんとしては結構大変です。 スイミングの日だけは簡単ご飯にすると決めていましたよ。

>>習い事のご飯 強いミカタ

まとめ

いかがでしたか?スイミングを熊本市中央区で習わせたい方に お役に立てれば嬉しいです! 公式サイトは以下ですので、しっかり確認して体験レッスンを検討してみては?

 http://7510.s-re.jp/jr/

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする