ワーママ必読。子供が小学4年の夏休みまでにやるべき6つのこと。


TSU921_ikutewohabamu_TP_V

夏休みのお昼ご飯、大変ですね。
この記事を見て下さったということは、
あなたの子供さんは小学3年生ですね。

子供の成長って、早いものです。働くオカンにとって、
夏休みって長いので

「お昼ご飯どうしよう!!!」って
困りませんか?

近所の小学校では、小学校3年までしか
学童保育がありません。核家族だし、両親は近くに
居ないし、一人っ子なので4年生の夏休みは
以下の5つを実行して乗り切りました。

働くワーママにとってお役に立てれば
うれしいです。

1.冷凍庫を掃除しておく

お昼ご飯にお弁当を作っておいて冷蔵庫に
保存して、お昼になったら子供が自分で食べる家庭も
多いです。

お弁当に役に立つ冷凍食品を大量に買い置きも
しますよね?高学年であれば、自分で冷食のスパゲティを
レンジチンして使えるので、便利。

夏休みって、アイスもあるし、保冷剤も使う。いつもより
冷凍食品を入れるので、夏休み前に整理しておかないと
入りませんよ〜。

いつ冷凍したのかも分からない、お正月のお餅、
田舎からもらった調理不明の野菜、余ったから放り込んだおかず…。

などなど、既に食べられない食品が化石のように
入っているはず…。整理して処分して、子供が冷凍庫を
開けても見やすくしておくと良いです。

我が家では冷凍室が
大小氷と3つあるので、1つを夏休み専用にしています。

2.電子レンジを使えるように練習しておく

1.に関連してきますが、小学4年生になれば、電子レンジ
くらいは使えます。トースターもいけますね。

目安を教えておいてボタンさえ押して、火傷に注意すれば
温かいお昼ご飯が食べられます。

普段から、実際に温めの練習をしておきます。
最近の高機能のレンジってボタンがいくつもあるので、
子供がパニックにならないように、必要最低限の

  • ワット数選択
  • あたため開始のボダン
  • 熱いので、鍋つかみを使う

の3点を一緒に練習します。

夏休みなったら、焼きそばなどを作っておいてラップして
冷蔵庫へ。「600Wで2分温めてね」
など具体的にメモを貼っておきます。

レンジも温めすぎると思わぬ事故になるので、
程度を示すことで、小学4年生でも自分で
出来ます。

3.万が一、何かあったらどうするか決めておく

熊本地震がおきた後、子どもも大人も
不安だらけで生活をしていましたよ。

「また余震がきたらどうしよう…」

そればっかり考えていました。

スクールカウンセラーの先生が言っていた
のですが、

地震や、火災、洪水、など
万が一なにか合った時に、どうしよう…。

ではなく、

「また余震がきたらこうしよう!」

と家族で決めておくと良いとの事。

これって、
前後の「」では、1文字しか違わないんですよ!
「ど」が「こ」になっただけで全然意味が違います。

子供達と、

「インターホンが鳴っても友達以外ドアを開けない」
「地震がきたら近くの学校に逃げる」
「遊んでいて大雨がきたら近くのおばあちゃんちに行く」

など、具体的な方法を決めておくと子どもも安心です。

4.お金の使い方

夏休みは、お金を置いていく家庭も多いです。
1日500円とか、金額を決めて跡は自分で考えて
買い物して食べてという事です。

兄弟がいて、歩いていける距離にスーパーや
お惣菜やさん、コンビニがあるなら、
自分たちで予算内で買い物をさせてみてはどうでしょう?

一緒にお金の使い方を事前に練習させておいて
夏休みに入ったら自分で買いに行く日を決めてみて下さい。

「お弁当を安くして、残りでうまい棒を2本買う」
とか、工夫が出来れば良いですね。

5.冷たい安全な水を確保

夏の大敵といえば、熱中症。気をつけてねと
言っておいても子供は平気で水分をとらずに遊んでいたり
しますよ。

小学4年生となると、部活に入る子もいますが、
部活生ならなんと、毎日2ℓのでっかい水筒に満タンに
水や、スポーツドリンクを持って行きます。
全部飲み干してきますよ〜。

我が家にはウォーターサーバ−あるので、
自分で子供が用意するので
オカンが楽です!

おいしいお水「アクアセレクトの天然水」
おトクな「スタートアップ年間パックプラン」お申込み受付中です!

子供が、帰宅後もすぐにコップにつぐだけなので、
冷たい水がすぐに飲めるし、おやつでカルピス作ったり、
スポーツドリンクの粉末を溶かして飲んだりしています。

6.連絡用の携帯電話を持たせる

お昼ご飯はなんとか自分でやるとしても、
夏休みは、自由な時間もあるので、やっぱり
何が起こるか分かりません。

困ったときのために、連絡用の携帯電話が
あった方が子供も安心です。

買う時に電話を使うルールを決めて下さい。
最初が肝心です。
どうでしたか?
ワーママ必読。子供が小4夏休みまでにやるべき6つのこと。

1.冷凍庫を掃除しておく
2.電子レンジを使えるように練習しておく
3.万が一、何かあったらどうするか決めておく
4.お金の使い方
5.冷たい安全な水を確保
6.連絡用の携帯電話を持たせる

自分で出来る事が増える小学4年生。
考えて行動できる大人への一歩を夏休みからはじめませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする