中学の入学の準備って費用はいくら?余裕で払えた方法。

中学校に入学する時って、義務教育なのに
結構な準備費用がかかるんですよ…。指定の制服とか
体操服とか、教科書にいたるまで…。一体いくらくらい
かかるの!?と心配になっていますか?

自分が中学生の時は考えもしなかったけど、
オカンやオトンになると、教育費とにらめっこ
日々が待っていますよね。

私もそうでした。娘が中学生になる前の
入学の準備費用の目安を書いておきますね。

我が子の場合は、公立の熊本県内の中学校です。
私立や東京都内ではやはり違いがありますので
目安としてみてくださいね。

そして、ちょっとまとまった中学入学の準備費用
ですが、私はたまたまある方法でポンッと支払いが
できました。まだ1歳2歳の下のお子さんがいる
ご家庭は、検討してみてください。進学時が楽に
なるかもしれません。

中学の入学の準備、主な3つの費用

まずは、「制服」です。

小学校までは学校指定の制服がなくて、

私服OKの小学校だった場合、初めての制服って
子供達も楽しみですよね。

毎日洋服をコーデしなくての済むので、
オカンにとっては、ちょっと手間が省ける?かも?

ただ、この制服が結構お値段がいいのです。
娘の場合は、ブレザー 23,000円、スカート 19,000円
もしましたよ。
事前に近くの制服店に採寸に行く必要があります。

これだけで4万から5万するので、わざわざ
大型モール内にある制服店に予約して、そのお店の
ポイントが多い日に払ってポイントをガッツリもらったり
していました。

次に、「学用品」です。

夏用の体育服の上下と、冬用の体育服の上下や
指定の通学カバンに、サブバック、体育館シューズや
指定の上靴、靴下などなど。
一つ一つは数千円でも積み重なると…。うわっ高。

最後に、「教科書・補助教材など」です。

副読本から、準教科書、補助教材やノートなど
学校説明会などで配布される資料にびっしり載っています。
中には3年間使う物もありますが、1年間だけ使うものも
あります。教科書だけに、うちの子はこれいりませんって
言えないので買わないといけませんよね…。汗
さあ、これを全部足したらいったい
いくらになるでしょうか????


スポンサードリンク

合計 ¥88,444

目ん玉飛び出ましたか?余裕ですか?
ご家庭の環境にもよりますが、まとまって
この金額ってパッとお財布から出すのって
勇気いりますよね。

ていうかこんな8万とか財布に常備
してないし…。

しかも、これだけじゃなくて、入学したら
各教科のテスト問題や、PTA会費、諸費、
部活に入るなら部費や、部活用品など、もう少し
お金が出て行くのですよ。

ざっと目安で一人、10万円は普通にかかるって
わけですよ。泣けてきますよね。

入学の準備って費用を
余裕で払えたワケ

我が家はこの10万程度のお金をどうしたか、
教育資金として別に貯金してはいますが、
それとは別に、

かんぽ生命の「学資保険」

に加入していました。5千円ちょっとで月々
加入出来たので、その時は漠然と将来のためだと思って
入っていました。

しかもその引き落とし口座を、
子ども手当」と一緒にしていたのです。

余裕で払えた理由がわかりました?

当時、第一子なので、月々10,000円子ども手当を頂けたので、
その半分くらいを自動的に学資保険
にいれていたわけです。残りは習い事に払って
いたかな。

その結果、「生存給付金」ってご存知ですか?
かんぽ生命の場合ですが、
18歳の満期の前に10万円が2度受け取れるんです。
私も途中で知ったのですが、その2度の最初が
6年生の12月に受け取りました。

とても考えられている制度だなと
有り難く感じましたよ。「生存給付金」は
受け取らなくて、満期で全てもらってもいいのですが、
この中学の入学の準備時期の10万円って大きい
じゃないですか。

本当に助かりましたよ。

全く無理せず、家計から節約してやっと
貯金ではなく、有り難く子ども手当を
子どものために準備できる方法です。
子ども手当がいつまで制度がこの先、あるかは
わかりませんが、そういう入学準備の仕方も
あるので、覚えておくと良いですよ。

既に小学校に入学されているお子さんは厳しいけど、
まだ1歳くらいのお子さんがいれば、
既に入っている学資保険を見直したり、
してみたくださいね。かんぽ生命以外でも
お祝い金という項目であるみたいです。

先々が楽ですよ!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする