お得な情報

100均ローソンでおせちで2020を迎えるには?発売日や美味しさを調査!

100均ローソンのおせちが毎年話題になり、
テレビで見てると安くておせちが出来るなら
いいよねーー!と思っていました。2020年はどうでしょう?

おせちが余ってしまって、リメイク方法を考えるより
食べきれる量を用意して、他には焼肉や
お鍋を一緒に食卓に出すのもいいですね。

一人暮らしの人のちょこっとおせち
にも有難い100均ローソンおせち。

2020年のおせちはどんな感じか、
実際に美味しいのか、いつ頃発売なのか
調査してみました。

※ ローソンストア100は(全国 792店舗のみ)

100円ローソンのおせち、ズバリ美味しいの?

スーパーに行くと普段の食材よりお高い
おせちの食材や、加工品ですけど、
100円でおせちが購入できるのは、うれしいけど、、

ただ、そのおせちって美味しいの?
適当に作ってそれっぽく作ってる
おせちじゃないのかしら?なんて主婦目線で
考えてしまいます。

そもそもなんで100円という破格値
販売されているのか、調べてみましたよ。

引用:
https://store100.lawson.co.jp/newentry/topics/detail/1352092_5006.html

何処で作られてる?大丈夫なの?

100円のおせちは、もちろん通常商品ではないから
100円で食べられるようです。
安い理由は、すごい「企業努力」なのです。

サイズの形の不揃い品

田作り・海老の甘露煮・わかさぎ など

「田作り」「海老の甘露煮」「わかさぎ」などは、
老舗メーカーが作った味の良い商品であるにも関わらず
形やサイズが不揃いなため、100円で提供することが
可能となりました。

オフシーズンの工場で作る

伊達巻

「伊達巻」は秋冬になるとオフシーズンになる、ちりめんじゃこの工場で作っているため、高品質な商品ながらコストダウンを実現。

大量注文・販売

かまぼこ

赤・白合計で毎年20万本以上を販売する「蒲鉾(かまぼこ)」は、大量発注・大量販売を1年前からメーカーに約束することで100円を実現しています。

100円サイズに加工

数の子

「数の子」は、昨年、小さいサイズが豊漁であったため、価格を抑えて買い付けをすることができました。また、寿司ネタ用のカット工場を活用し、100円サイズに加工しています。

 

細かいこんな企業努力で100円おせちが
実現してるんですね。フードロスにならずに
美味しく食べられるのはいいことだなと
感じますね。

ローソンの100円おせち 2019はどうだった?

おせち2019の内容

昨年のローソンストア100の種類は全部で
なんと29種類!全部税抜き価格100円。
全部購入できれば、29品の2900円(税抜き)で
豪華おせちになるってことですね。

定番の数の子や、合鴨スライスなど普段の食卓には
並びにくいおせちも充実しているので、
大人も嬉しいです。

実際に食べた人の感想は?

[昆布巻き] 買ってみました。おいしかったです。

[数の子
しょっぱかった。

[田作り] サイズは不揃いだけど美味しい。
手間がかかるから、少量でこの味なら十分。

[切り千枚] 小さく切られているから詰めやすい。
美味しい。

[厚焼き玉子] だしの香りと卵の香りが物足りない

[伊達巻] なんか硬い伊達巻

[かまぼこ] 高さが低いかまぼこ。お重には2段にした。

100均ローソンのおせち2020の発売日は、、、

2018年の100円ローソンの発売日は、
12月中旬の25日でしたので、令和の今年
2019年も同じ25日。

史上最多の32種類もあります。

2019年12月25日(水)13:00発売です!

発売日
2019年12月25日(水)

100均ローソンでおせち、2020年のおすすめ盛り付け

お重もいいけど、器で

100円ローソンのおせちは、少量ですし
数も少ないのでお重よりも、漆の器やうるしっぽい
器に一人分ずつ盛り付けて、あとは100円お正月飾りを
乗せたら少ない種類でもそれなりに。

うるしっぽい器やお盆は、100円ショップにも
売っているので、お正月だけしか使わないし
高い器や重箱を揃えなくていいので、安上がりです。

南天マジック


お弁当でもプチトマトを入れると彩りが
よくなりますが、おせちでも「イマイチだな」
と思っても、
「赤」が入るとぐっと美味しそうになります。

海老でもいいですが、もっと簡単に仕上げをするなら
「南天」を用意しましょう。

生の南天もお正月時期にはホームセンターでも
売っていますが、100円ショップにも飾り付け用
「南天」が売っています。

南天を上に置くだけでおせちの完成度が
ぐっと上がりますよ。

 

関連記事
オイシックスのおせち感想記事>>

 

 

オカンノミカタ