家事のコト

あかちゃんがひとりでおすわりできる!補助用品おすすめ3つ

この記事では、「赤ちゃんのおすわり補助グッズ」
についてご紹介。

[box class=”blue_box” title=”こんな方は是非”]5ヶ月の子がおすわりしそうだけどグラグラで心配!
おすわり椅子ってたくさんあるけど何がいい?[/box]

という赤ちゃんのお座り商品について思っているあなたは
是非読んで下さいね。

お座りの補助があると安心

 

生後5ヶ月から6ヶ月くらいの赤ちゃんは、
腰がすわりそうですわらない、微妙な時期ですね。

ぐらぐらしながらもチョコンと座る姿は
なんとも可愛い。。。。

 

また、離乳食にも使えるので「おすわりクッション」
「ベビーソファ」「ベビーローチェア」などで商品が
豊富にありますよね。ベビー用品やショップでも見ると
思います。

 

私の子供時代は座ったら、ピーピー音がなる
キャラクターのパイプ椅子くらいしか
なかったな〜。

 

娘の時代にはベビーソファが
ちゃんと充実してたので、困ることもなかったな。

 

おすわりの練習や、腰がすわる前の補助として使える
おすわり補助用品のおすすめを3つご紹介しますね。

 

食事やお世話の際も必須ですが、オカンが
ちょっとトイレに行く時、宅配便を行く時、ほんの数十秒
ご機嫌に座ってくれていると安心しますよ。

 

バンボベビーソファーが大人気だけど、、、

赤ちゃん椅子として絶大な人気を誇っているのは
ポリウレタンフォームの素材の、「バンボベビーソファー」
です。育児雑誌などで見かけませんか?

 

ゾウさんの足のようなどっしりした安定感の
ソファーです。見た目はソファというよりは、
「すっぽりはまる椅子」という
イメージですよね。

 

バンボのいいところは、5,6000円以下で
ありながら、軽量で持ち運びが便利、そして
食事などで汚れたら拭き取るだけなのでお手入れが
簡単なところです。

 

専用の別トレイをつければ、食事テーブルつきの
椅子になります。
カラーバリエーションも10種類くらいあるので、
選びやすいのもうれしいですね。

 

ただ、

バンボは太ももが小さめ、、、

 

よくママ友から話を聞いていたのは、
バンボだと、太ももが小さくてキツキツなので、
男の子や体型が大きめの赤ちゃんには、
足が入らないとか、キツすぎて嫌がるとか、
よく言ってましたよ。

 

でも、安心してください!

 

バンボ マルチシート 便利になった!

 

新しいタイプのバンボが登場していますよ。

「バンボ マルチシート」にグレードアップしています。
太ももがゆったりめになり、「すっぽりはまる椅子」
からちょっと大きくなっています。

床置き大人椅子に設置と使い勝手が増えていますよ。
自宅では床置きで使って、里帰りの実家では
テーブル椅子にのせて家族と一緒に食事が
できるようになりました。

お値段が安い カリブ

太ももが太めの赤ちゃんも安心なソフトチェア。
価格が安いので、双子ちゃんや年子のお子さんに
ウレシイ。

 

カラーバリエーションは5種類と
選べます。テーブルもついているので、食事がメインです。

 

しっかり360度補助する ハガブー

アメリカ生まれのベビーソファです。
バンボやカリブと違って、
ポリウレタンフォームではなくて、布製です。

 

カバーは洗えますし、布製なので秋冬が
暖かいほっこりするベビーチェアです。

 

お尻から全体を包んでくれるので、
おすわりの補助として最適なソファ。

 

まわりにおもちゃがつけられるので
赤ちゃんが遊ぶことができます。

 

おすわり補助用品を選ぶポイント

お値段で選ぶと、カリブ、
食事や多機能性を求めるならバンボ マルチシート
あたたかさや高品質を求めるなら、ハガブー、

お子さんの体型や生まれ月(おすわりの時期の季節)
によって選んであげてくださいね。

 

 

こちらも参考に

[kanren postid=”1535″] [kanren postid=”257″] [kanren postid=”829″]
オカンノミカタ