ドウシシャ 焼き芋メーカーでねっとり甘い焼き芋を家庭で! 蒸し芋とは違う味わい




「焼き芋は好きだけど、家ではレンチンか蒸し芋ばかり、、、」
「家でのねっとり系の焼き芋を食べたい!」

くり、かぼちゃ、芋の美味しい季節になると
ふと恋しくなる焼き芋。

品種改良が盛んに行われて、美味しい
ブランドさつまいもが多くなってきてますよね。
九州生まれなので、

鹿児島、宮崎、熊本と美味しい芋の
産地が多くてうれしいですよ。
親戚からも秋はたくさんお芋をもらいますし♪

そんな芋好きですが、やっぱり
じっくり時間をかけたねっとり派が好きなので、
家庭でもそんな焼き芋メーカーを使ってみたら
すごかったので、ご紹介しますね。

 

ドウシシャ 焼き芋メーカーBakeFree

画期的な、焼き芋メーカーというのは、

ドウシシャ 焼き芋メーカーBakeFree SOLUNA WFS-100

ドウシシャ 焼き芋メーカーBakeFree WFT-103

太めのお芋が2本ならんで、入る焼き芋メーカーです。
ただ、この家電は他にプレートがついていて、
グリルとしても使えるので、他のお料理にも使えます。

ちなみに、WFT-103の方は、焼きおにぎりプレートが
ついています。

とってもおしゃれな家電ですよね、

温度調節ができて、タイマーはついてない

温度調節のつまみがあるので、調節ができて便利ですが、
タイマーはないので自分でスマホのタイマーや
キッチンタイマーではかる必要があります。

そのため、スイッチ入れて完全に放置ではない
ということですね。

実際にお芋を入れて見るとわかりますが、
太いゴツゴツした芋は入らないことが多いです。

まっすぐになった細めの鳴門金時などの芋を
選んで入れるとちょうどおさまりますよ。

また、焼き芋メーカーの取扱説明書にも
書いてありますが、最初に使うときには、
「プレートを洗って空焚き」などちょっと面倒
な工程があります。

 

でも最初だけなので、40分後にはねっとり
美味しい焼き芋が食べられると思えば、
頑張れる作業ですよ。(笑)

 

電気なのでガスよりも安全!料理レシピも多数

温度調節ができるので、火加減はおまかせできて
甘くて美味しいお芋ができるし、電気なのでガスに比べて安全性は
高い調理家電ですね。

小さい子供さんがいる家庭で、離乳食にも
サツマイモは最適なので、うれしい。

他の料理もできるレシピがついているので、
我が家は週1回は出して使っていますよ。
においがないから、家で焼き芋してても
全然きになりませんしね!

 


ドウシシャ 焼き芋メーカー 3枚プレート付(焼き芋、平面、焼きおにぎり) 温度調節機能付き BakeFree WFT-103

ねっとり系お芋を自宅で、家庭で
食べたいおかんにうれしいドウシシャ 焼き芋メーカー
でした。