車の中でこどもと暇つぶし!クイズの工夫はこれ。

帰省やGW、お正月休みには主人の実家が県外なので、2時間半は
高速道路を走って移動です。オカンとしてはその車の中の移動
時間にいかに子供がぐずらずに暇つぶしをするか、が重要。

 

赤ちゃんなら早朝から出発したり、タイミングをずらせば
しっかり眠ってくれたりするので、比較的楽ですが…。1歳過ぎると
色々な場面でぐずって大変。車の中で実際に我が家がやってきた
暇つぶしを紹介しますね。参考になれば幸いです。

 

我が家でやっていた車内ゲーム
暇つぶし

車内の暇つぶしでよくやるのはゲームや
しりとりが定番ですが、その際に盛り上がるアイテムが
あります。それは「クイズの効果音」知ってますか?
クイズ番組とかである、「ピンポン!」や「ブッブー」です。

 

 

あれのスマホアプリがあるの知ってます?
「クイズの効果音」と検索すると出てきます。
効果音があると、ずいぶん子ども達は盛り上がります。
本当のテレビ番組の感じがするので、ノリノリ。

 

出題音や、ドラムロールなどもあるので、クイズ番組
さながらの臨場感ありますので、探してみてくださいね。
それではゲームの紹介。

 

古今東西「ほにゃららのもの」

3歳から幼稚園児くらいまで出来るゲームです。
「古今東西 まるいもの」とか順番に誰かがお題を出して、
それを一人づつ言っていくという簡単なゲーム。

 

「古今東西 まるいもの」なら
ボール、すいか、みかん、ネジ、シャボン玉、などなど
言えなくなった人が負けです。

 

お題を分かりやすいのにすれば、幼稚園児でも
参加出来ます。子ども達は想像力をバンバン使って、
大人が考えもしない物を、答えたりして出たり
面白いですよ。

 

古今東西 赤いもの」なら
ポスト、りんご、から、酔っ払いのおじさんの顔とか、
物だけじゃなくて、様子や情景を入れるともっと面白いですよ!

スポンサードリンク

ナンバープレート足し算

これは足し算が得意になった小学3年生くらいからやってましたね。
計算好きな子は楽しいかも。前を走る車のナンバープレートの数字を
全部足して、「24」になればラッキーという定義のもと、
※なぜ「24」なのかは忘れました 笑

 

主人と娘さんがやってましたよ。24の車があれば、
「お〜!」とか「いえ〜い!」と盛り上がるという

感じです。数字が苦手な私はひたすら微笑んでましたよ。
「24」に揃った時には、すかさずクイズの効果音を
連打です。「ピンポン!」「ピンポン!」

ハミングで歌当てクイズ

歌の好きな女の子が得意かもしれませんね。
「んん〜んん〜♪」とかハミングだけで歌の一部
歌って当てるクイズ。

 

「ン」だけじゃなくて、「タ」だけで歌ったり、
自分の名前の頭文字だけで歌ったり、「みみ〜みみ〜♪」

と意外とわかりにくいので、歌ってる本人も面白くなって
吹き出しそうになって盛り上がりますよ。

みんなが知ってる季節の歌とかがいいですね。

英語禁止ゲーム

小学校高学年になったらやってみてください。
英語禁止ゲーム。普通の会話のなかで英語禁止にするだけ。
とはいっても、「ライト」「ブレーキ」「ポテト」とか
英語ってカタカナで使ってるのが多いので結構
苦戦しますよ。

 

「そのポテトチップス」じゃなくて「その、芋お菓子取って」

とかいちいち言い換えるのが面白いです。

英語使ったら、すかさずクイズの効果音「ブーっ」

 

それでも渋滞で
時間が余り、暇つぶせない時…

2時間半くらいゲームで遊んでも暇つぶしが終わらない
時がありますが、最終手段はやっぱりお腹にたまるおやつを
食べさせた上で動画や映画を見せてお昼寝してもらうのが
いいですね。

アニメ観るなら<U-NEXT>

 

おやつは、スナック菓子ではなくて、蒸しパンとか
焼き芋、おにぎりなど腹持ちがいいものが良いです。

その方が満腹感があり眠くなりやすいし、
その後に映画やアニメなど映像を見るとお昼寝タイムに
以降する可能性が高くなりませんか?

スマホやタブレットで最終手段として、メディアを
活用するのが良いと思いますよ。最初からスマホに子守りを
させないように気をつけてください。

 

移動中に楽しんで安全運転でいってらっしゃい!

スポンサードリンク