アガーゼリーレシピ。透明プルプル。 コーヒーゼリー作り方





img_20161005_165209

昔母親が料理教室で覚えた
コーヒーゼリーが大好きで、子供の頃の
家庭訪問の時に作ってくれたので、
楽しみにしてたな〜。

 

結婚して子供を産んでから私も
自分用のご褒美おやつや、カフェインレスの
インスタントコーヒーを使って
子供と週末作っています。

 

混ぜて冷やすだけなので、忙しい
共働きのオカンでも作れます。

特にゼラチンではなく、アガーの凝固剤が
絶対いいです!

アガーゼリーが固まらない理由!

アガーは製菓店や大型スーパーにあるので
使ってみても失敗してゼリーが固まらなくて
失敗する例があります。

 

その主な理由を調べてみました。

 

1.アガーの分量が少ない

まずアガーの量が少ないと固まりません。
私はクリアガー5というのをよく使いますが、
コーヒーゼリーで400ccの水に対して大さじ1
使いました。

お菓子の基本ですが、目分量ではなく
アガーの箱に書いてある通りに分量を守って
使って下さい。

箱にかいてないなら、
メーカーの公式サイトにレシピが必ずといって
いいほど掲載されていますよ。

 

2.沸騰するもの、沸騰させないもの

アガーの種類によって、沸騰させるアガーと
沸騰直前で火をとめるアガーがあるようです。

ゼラチンは、あたためた牛乳などに粉末ゼラチン
が溶けたりしますが、アガーは沸騰か沸騰直前なので、
80度から90度が必要になります。

パールアガー・新田ゼラチンアガーについて

3.酸味の強い物を先に入れたらだめ!

これが一番やってしまう失敗です。

最初に、オレンジジュースやレモンジュースなど
「酸味が強い食品」をアガーと一緒に煮ると
固まらないことが多いです。

まずはジュースの半分以下の水に
砂糖とアガーを混ぜた物を溶かして、
軽く沸騰させて、

火を止めてから、常温の
オレンジジュースやレモンジュースを
入れれば、酸味のある物でも固まります。

1.砂糖+アガーを混ぜる

2.ジュースの半分以下の水に溶かす

3.軽く沸騰

4.火を止める

5.酸味のあるジュースを入れる

 

 

4.ゼラチンとアガーは別物!

ゼラチン、アガー、寒天と固める
材料は色々ありますが、全て扱いが
違います。

ゼリーのアプリレシピでゼラチンが
使用されているのに代用でアガーをそのまま
使ったら失敗します。扱い方が全く
違うからです。気をつけてくださいね。

ゼラチンはコラーゲンに熱を加えて取り出した
物なので、動物性です。

アガーはカラギーナンという海藻や、
ローカストビーンガムというマメ科の植物から
取り出した物なので植物性です。

 

 

個人的には、コラーゲンに惹かれますが、
実際にはゼラチンは脂臭いし、ゴムみたいな
感触が苦手なので、アガーを愛用しています。

昨日はカルディのエスプレッソインスタントコーヒーで
作りました。ビターでうまいっす。

img_20161005_165924

そもそもイナアガー・パールアガー・
クリアガー・クールアガーどう違う?

 

アガーと言っても、

イナアガー・パールアガー・クリアガー5

クールアガー・コープアガーなどなど

色々出てきますが、違いはなに?と疑問が
出ますが、

 

これってメーカーの違いです。

伊那食品 イナアガー
富士商事 パールアガー
丸菱 クリアガー5
新田ゼラチン クールアガー
コープ コープアガー

使い方も少し違いがあるので、
公式サイトや箱をしっかり見て下さい。

 

アガーって業務用?
多すぎるんだけど…。

 

アガーならお店やホテルのデザートビュッフェで
出てくる透明でプルプル食感で脂臭みのない
ゼリーが出来るのはわかったけど…。

 

アガーって、1kgや500g単位の商品
ばかりです。業務用な感じしますからね。
私は定期的にクリアガー5(500g)を買っています。
半年以上持ちそうです。

 

でも、共立食品Homemadeという製菓のメーカーの
ものは5g×5袋なので、お手頃価格。
200円しません。SEIYUで見つけました。

※ 最近はこの商品を見かけなくなりました。
アガーの種類が揃っているネットショップは
こちら ↓ ↓ 送料も安い。

お菓子・パン作りの総合サイトcotta

 

 

 

Homemade海藻から生まれた
ゼリーの素のコーヒーゼリー作り方

 

1.Homemade海藻から生まれたゼリーの素5g
(アガー)と
砂糖45gを乾いた容器でよく混ぜる

 

2.鍋に水を350ccいれ、1をダマにならないように
少しずつ加えて良く混ぜる

 

3.中火にかけて軽く沸騰させたら火をとめる

 

4.インスタントコーヒー6g混ぜる

 

5.容器に流して冷やす