子供のこと

コップ袋の作り方 マチなしなら簡単。毎日使いたいボンドって?

コップ袋の作り方をお探しですか?マチなしだったらまっすぐ縫うだけなので、以外と簡単に縫えますよ。

初めてのお子さんの入園?入学?市販の物もありますが、手作りを推奨する幼稚園や学校もありますよね。既製の製品でよくない?と思っている派でしたが、、、

可愛いだけでなく、生地や色選びから子供と一緒にやってみると、「自分だけのものなんだ!」という思いが芽生えるのか、学校や園の中でも見つけやすく、忘れ物防止にもなりましたよ。頑張って作って良かったと今ではいい思い出。

\こんなオカン専用/
・幼稚園でいる、コップ袋 マチなし作るの忘れてた
・学校で無くした。コップ袋また作らないと、、、
・入園準備のコップ袋、マチなしどうやって作る?

こんな悩みを抱えてるオカンへの記事になっています。日々の子育てだけでも大変なのに、手作りの袋物の準備なんて、とんでもない!と思っていた私。でもやっぱり子供が喜ぶのでミシンを駆使して作っていましたよ。

横16cm×縦21cm仕上がりのコップ袋の作り方はマチなしであれば直線縫いだけで簡単に作れます。大きさを変えれば、体操着入れ、マスク袋やリコーダー入れなどなどに応用できるので、便利です。

コップ袋の作り方 横16cm×縦21cm仕上がり

 

材料

一枚生地のサイズ
縦 45cm
横 18cm
ひも(50cm程度)
※100円ショップでも売ってますね

道具
ミシン
ひも通し(なければ安全ピンでOK)

ほつれ防止

縦 45cm×横 18cmのまわりをぐるっと
ほつれないように、ジグザグミシンで縫います。

内側にになるので、しなくても
大丈夫だと思いますよ 汗

神経質にならなくて大丈夫です。
この部分は縫い目が見えませんので!

 

袋状に縫う

柄の面を表側に合わせて
真ん中から半分に折ります。

 

片方は端から1cmを全部縫います。
もう片方は端から1cmですが、上から7cm
は縫わずに残します。ここからひも通しを
するんですね。

ひも通し入口を縫う

7cmあまらせた方を開いて、図のように
縫った部分をアイロンで割ります。
7cmあまらせた部分をコの字に縫います。

ちょっとここが難関です。

待ち針でとめながら
下を縫わないように気をつけて
縫います。

角の部分は、ミシンを止めて針だけ指したまま布をくるっと回転させて、その後布おさえをしてまた縫い出すと、ずれません。

ひも通し部分を縫う

上から5mm程度を折ってアイロンでしっかり折り目をつけます。

さらに2cm程度追ってアイロンをかけしっかり折り目をつけたら、端から3mmくらいを縫います。ここがひもを通す道になります。

ひもを通す

出来上がりに合わせてひもを一周ぐるっと通してみてから、3cmくらい余った部分を結んだらはさみでカットしたら完成!

※ひもを二周してから結ぶと、ギュっと絞る感じになり、口がしっかり絞られる袋になります。

ひも通しがなかったら、いつも私は安全ピンで通しています。わざわざ買わなくても、家に眠ってませんか?

子供さんの手の大きさとか、規定の長さとか合わせてみて下さい。

装飾は難しい場合は、100円ショップのアイロンアップリケでモチーフやアルファベットなど子供が分かりやすい目印をつけてあげるだけで十分だと思います。自分で選ばせるのも楽しいです。

 

 

入学準備の袋物、1回だけじゃない!2回目は縫わなくていい「裁縫上手(ボンド)」で

 

入園入学に伴う、袋づくりって慣れてないとひと苦労ですよね…。全部作り終わって、完成!!!と安心していませんか??

これって、入園入学に1回作れば良いと思ってません?

あ、、それ、間違いです!

結構汚れたり、破いてしまったり、紛失、デザインが好まなくなったり、洗い替えが必要だったりで色んな理由で同じように作る機会が実は、たくさんあるんですよ…。2年生くらいでは、鍵盤ハーモニカやそろばんのカバーは手作りとか、他の道具専用の袋物が必要な学校もありますしね。部活、クラブチームなどの場合も袋物が必要になります。

我が子の場合は、小学4年生の時には、本バッグ、体操服袋、上履き袋、マスク袋を全部デザインを一新して再度つくりました〜。ひー!

 

だって、小学1年生の時の好みの色と小学4年生の好みの色は全く変わってきますからね。男の子であっても、妖怪ウォッチ柄→ワンピース柄がいい!と言い出すこともあると予想します。はい。あるあるです。

それで、押入にミシンをしまい込んでいると、作るのもおっくうになりますが、パッと作れる便利な裁縫グッズが出てきましたよね。これ見た時、さすが平成!と声出ましたもん。

「裁縫上手」という布用のボンドです!


洗濯も大丈夫なのにも驚き。生地によってはくっつきにくい物もありますが、アイロンを使うことで接着力がアップするので、袋物にも全然ありです。

一度に袋物を作る場合は、気合い入れてミシンで作っていましたが、上靴入れが破れたーー!月曜日までに「1つだけ作らなくちゃ。」という時には、「裁縫ボンド」が最高です。布とか紐さえあればアイロンかけてくっつけるだけなので、面倒くささがなくなりますよね。

名前つけはお名前シールに丸投げできる

ごめんなさい、袋作りを紹介しましたが、実は入園や入学準備って残っています。それは、「名前付け」です。とにかく、紛失してもすぐに持ち主が見つかるように、また子供本人が友達と区別するためにも、学習道具から袋までとにかくなんでもかんでも「記名」がお約束です。小学校や中学校まで続きます。

入園前には、本当に苦労して油性マジックで名前を書きまくりましたよ。ただ、素材によってはペンで書けない道具もあるし、洗濯で消えたりする物もありますよね?そんな時はお名前シールを作ってくれるお助けサービスがあります。

おしゃれな透明シールや、ラバー素材のシールなど選べるし、書体も可愛いのでお名前シールにお任せできます。個人的には、デザイナーズのラベルが北欧っぽいデザインで素敵です。

\メール便 送料無料/

>>我が子のお名前シールを作る