長距離を楽に走る方法[体験談]呼吸は?足や腕は?




長距離走って学生の時、大嫌いでした。

どうやったらあんなに長く走れるの!?
皆んな超人なの?と
思いながら、体育の時間が苦痛だった人も
多いのでは?

 

ところが、職場の仲間で盛り上がり、町内のミニ駅伝に
出場することになりました(涙)冗談だと思っていたら
いつのまにか私もエントリーされてて、、、、

 

待って!嘘でしょ !

 

産後で200%運動不足な私が、2.5キロも
本当に走れるんだろうか、、、、、とりあえず近所の公園を
走ってみてた時にわかった、

 

長距離を少しでも楽に走る方法を紹介します。
あくまでも私の体験談なので、専門的には
わかりませんが、こうやってみたら楽になったことなので
参考になれば嬉しいです。

 

呼吸はどうすればいいの?

 

 

とりあえず走ってみた時、
どう呼吸していいかわからなくなりませんか?

 

普段は、鼻だけで呼吸をしてるけど、
走り始めると、呼吸があらくなるので
自然と口からもハーっと吐くんですよ。

 

普通にしてると、鼻から一回吸って、一回吐くん
ですが、走っているとだんだんきつくなってくるので、
最初は口だけ吸って吐いたりしてましたが、
色々やってみて、

 

鼻から二回吸って、口から二回吐く

 

に落ち着きました。走る時の呼吸方法は
色々あるみたいですが、自分が楽な方法がいいようです。

 

走り方、腕の振り方を変えてみた

 

↑腕上げすぎの悪い例です 笑

 

短距離しか走ったことがなかったので、
最初は、100m走るときのように、一生懸命
ブンブン腕を振りまくって走っていました。

 

これだと早く走れるけど、すぐに疲れてくるし、
腕が筋肉痛になって、うまくいかなかったのです。

 

そこで、まわりのトレーニングしているランナーを
じーっと見てるとそんなに腕をブンブン振ってないんですよ。
確かに、一気に腕を引き上げるとそれだけで、
体力消耗しそうですしね。

 

そこで、ブンブン腕を上げずに、軽くまげるくらいで
カンガルーのようなイメージで走ると
腕が疲れないので、楽に走れるようになりました。
力みすぎでしたね。

 

走り方、フォーム、足の運び方を変えてみた

 

↑このくらいしか上げませんよ 笑

腕の振りと同じになりますが、足の運び方や
走り方もかなり悩みました。100メートル走と
同じイメージで、

 

足もブンブン一生懸命に太ももを上げて、
足を地面に強く叩きつける感じで、
走っていました。そうすると、やっぱり疲れやすくなって
すぐに走るのをやめて、歩いてしまっていました。

 

こんなんじゃ、他のメンバー人に迷惑かけちゃうよ〜
私、本当に襷つなげるのかな〜
途中で足つったらどうしよ〜恥ずい
2キロも走れないかも〜

 

とかなり落ち込んでしまいました。

 

そこで、腕と同様に、足をあまり上げずに走ってみました。
ボクサーがあまり飛ばずに縄跳びをするイメージが
近いかな。体力を消耗せずに地面を滑るように
ササッと進む感じ。

 

膝をあまり上げずに、前に出さず、
早歩きの少し早い感じ。

 

スピードは早くないですが、疲れにくいので
走り続ける距離がだんだん伸びていきました。

 

考えないより、何か考える

 

 

テレビでマラソンとか見ていて、走ってる時って
「無」になる。とかいいますよね? 
一体何を考えて走ってるんだろう?と
疑問に思っていました。

 

ただ、自分が長距離を走るとなると、
「無」で走っても、楽しくないのです。

 

あとどのくらいかな?
もうきついんだけど、、
あのベンチまで行ったら歩こう

 

とか、どうしてもきつさが勝ってしまって、
楽しくないことに気づきました。

 

それよりも、例えば今日の夕飯は
何にしようかな?考えことをする方が、
あっと言う間に時間がすぎます。

 

走るのが得意な方は、「無」でも気持ちがいい
と思いますが、私のような運動不足で
必要に駆られて走ることになった方は、

 

考え事する方がいいですよ。

 

冷蔵庫にかぼちゃがあったから、
ベーコンと炒めよう。

明日のパンあったかな?

トイレットペーパーを切らしてたな。

 

などなど、ランニングと関係ないことを
考えると、500メートルくらいすぐ通過していました。

ただ、転ばないように目の前の道は
しっかり見ておいてくださいね。

まとめ

 

いかがでしたか?

何かのきっかけで、大人になってから長距離を楽に走る方法
を体験談でご紹介しました。ついつい子育てしてると運動不足にも
なりますし、ランニングをする機会があれば、是非チャレンジ。

 

スマホのアプリを使えば、距離やカロリー、タイムなど
測定できるので、数字としてわかって楽しくなりますよ。

 

公園や、広場で風とか、日差し、自然を
眺めながら走るのも気持ちがいいものですよ。